ピアノ運送料金

ピアノの運送料金を安くする方法

ピアノ 運送 料金

ピアノ 宅配 費用

ピアノ 輸送 価格

ピアノ 送る 費用

 

高価なピアノ。
運送してくれるのは、ピアノ専門業者・宅配業者・引越し業者・便利屋などがあります。

 

この中で1番数が多いのが引越し業者です。
競争がない業界は、費用が業者の言い値となりなすので、やや割高になります。

 

しかし、小さな引越し業者ではピアノの運送を扱っていないところもあります。
ピアノの運送をしてくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

1度の情報入力で、複数の引越し業者からの見積もりが届きます。
相場はもちろん、最安値でピアノを運んでくれる業者を探すのも簡単です。

 

引越し業者には、ピアノだけを運んで欲しいという依頼も少なくありません。
お気軽にご利用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し時期と費用

 

引越しの値段は1年中いつでも同じ値段というわけではありません。
例え同じ距離で同じ荷物の量の引越しをしたとしても、繁忙期と通常期では値段が大きく異なります。
これはピアノのみを運びたいときも同じです。

 

繁忙期と通常期とは何でしょう?

 

繁忙期というのは3月前後のことをいいます。

 

1年で一番引越しの件数が多くなるのが3月前後で、日本中の引越し業者はどこも猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

なぜなら日本では4月から新学期を迎えるからです。
新学期に向けて新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするのです。
それだけではなく、多くの会社では春と秋に人事異動があり、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

転勤の辞令が出るとサラリーマンとその家族も引越しが必要ですし、単身赴任をするサラリーマンも引越しします。
これだけ多くの引越し理由が新学期前にあるのですから、繁忙期は大忙しなのです。

 

この時期に引越ししたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。

 

 

引越しの手順を確認しておくと便利

 

冷蔵庫 引越し 手順

 

引越しの手順を知らないと無駄な動きが多くなって疲れます。
引越しする前にぜひおおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めることが大事ですが、引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わります。
なのでまず新居が決まらないと引越し業者も正確な見積もりが出せませんから、当日に追加料金が発生する場合があります。

 

引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐがオススメです。

 

引越し料金は荷物の量が多いほど高くなります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、その分引越し費用が当然高くなるのです。
不用品は売る・あげる・捨てるなどどんどん処分してしまいましょう。

 

使わないもの、季節外の洋服などからどんどん梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。引越しの2週間前から提出することが可能です。
出し忘れると非常にやっかいで、提出しに戻ったり、役所に連絡をして書類を郵送してもらって送り返すなど、手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの料金を日割りで精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社によって異なりますので、まずは電話連絡で確認してください。
もし同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたことで郵便物が新居に届かなくなるのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

そしてこの1年の間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしてくださいね。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具・家電などの配置を指示してください。
あらかじめ紙に書いて業者に渡しておくと便利です。

 

しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運ぶようにしましょう。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら「転居届」、市外引越しなら「転入届」を提出しましょう。
これで役所から選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
忘れると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。

 

 

 

ベッド 配送