ピアノ 運送 悪天候

引越しと台風などの悪天候

引越し 悪天候

 

引越しの日は晴れて欲しい。
そう思っている人が多いと思いますが、残念ながら天気は選べませんので当然雨や雪の中での引越しも多々あります。

 

雨や雪が多い日本ですから引越し業者も手慣れたもので、室内に防水シートを敷く、タオルで拭きながら作業する、靴下を多く持っていくなどできる限りの雨対策をして対応するそうです。

 

しかし「完全防水」での作業は難しいですから、荷物の梱包の際に注意してください。
大切なものや水に弱い革製品や電化製品などは、雨を想定してビニール袋に入れて梱包しておくことをオススメします。

 

濡れたダンボールのまま長く置くとシミやカビの原因になるので、早めにの荷解きしてくださいね。

 

さて一番問題なのが、台風や記録的な大雪の日に当たった場合です。
これらは週間天気予報を見ていればだいたいどの日にどの辺に上陸するかわかりますね。

 

引越し日にバッチリ当たった場合は、すぐに引越し業者に連絡をして対応を協議しましょう。
時間を変更する、日にちを変更する、とりあえず中止、なんとか決行などが考えられますが、どれにするにしても一方の予定だけでは決める事ができません。

 

引越し業者の予約の入り具合や依頼者の退去日などもあるので、直撃するという予報が出たら速やかに連絡してくださいね。